熊手のはちみつ

フリーダイヤル 0120-832-328 受付時間9:00〜17:00(土日を除く)

お知らせ

はちみつの使い方!おいしいレシピなどをご紹介

BLOG 2021/08/17

砂糖に比べて約20%前後カロリーが低い「はちみつ」は、様々な使い方がございます。

はちみつには、決まった使用法や適量があるわけではございませんが、通常、パンやヨーグルト、料理などによく使われますが、とくに果物などそのまま召し上がっても、もちろんおいしいですが、純粋な蜂蜜をそのままかけて召し上がりますと、その果物本来の味と香りが、はちみつによって強調され、一段とおいしくなります。

簡単なレシピやドリンクをご紹介致します。

①レモンハニー ※オススメはちみつ:アカシア

はちみつとレモンを組み合わせたドリンクは、世界中にたくさんございますが、このドリンクの作り方はきわめて簡単で、熱いお湯ではちみつをよく溶かし、レモンを浮かべるだけでいいのです。夏ならば、水ではちみつを溶かし、レモンと氷を浮かべます。香り高い上品な飲み物として喜ばれ、スッキリとして疲労回復にいいとおっしゃるお客様もいらっしゃいます。

②だししょうゆ(賞味期間10日前後)※揚げナスの煮浸しなど調味料としてもおすすめ

<材料>

かつおぶし 50g 

水    1000CC

はちみつ  40g ※オススメはちみつ:アカシア

しょうゆ  50CC

<作り方>

①鍋に水を入れ、沸騰したら火を弱め、かつおぶしを加える。2~3分たったら火を止める

②かつおぶしが鍋底に沈んだらだし汁をこし、ハチミツとしょうゆを加えてよく混ぜる

③冷めたら保存用の瓶に移し、冷蔵庫で保管する。

 

③キャラメルナッツ(賞味期間20日前後)

<材料>

はちみつ 50g ※オススメはちみつ:百花蜜など

バター  30g

お好みのナッツ 100g

<作り方>

①小皿にバターを溶かしておく

②鍋にハチミツと溶けたバターを入れて中火にかけ、鍋を回しながら、煙が上がるまで(2分くらい)加熱する(焦がしすぎると苦みがでるので注意)

③②にナッツを加えて手早くからめる

④固まりにならないようにクッキングシートを敷いたバットに広げる

⑤冷めたら密封容器で保存する。

上記以外にも、いろいろな使い方・食べ方・利用方法がございます。そんな中でお肉なども、はちみつに漬けて焼くと、やわらかくなり一般的ですが、トーストに塗ってほどよい甘さが、おいしい朝食を引き立てます。はちみつの種類により風味が強い(百花蜜など)ものや、あっさりしてくせが少ない(アカシアなど)があり、料理やヨーグルトなどには風味の少し強いものが、また、紅茶やトーストにはくせの少ない蜂蜜がお好みがあるとは思いますがおススメです。近年日本でも砂糖のかわりに「はちみつ」を使われるお客様も増えております。

当社でも「毎日飲める酢」という大人気商品がございます。この商品は、「リンゴ酢」と「果汁」と「はちみつ」のみが原材料で、ギフトやご自宅用に大変ご好評頂いております。また、九州内の老舗お酢メーカー様などにも、はちみつをかなり納入させて頂いておりますが、どのメーカー様も「お酢のすっぱさとはちみつの甘さの相性は抜群」とおっしゃいます。「はちみつ」の自然な甘さが、さまざまなお酢の酸味と相性がいいことが分かります。

 

 

買い物カゴ
ログイン 会員登録
  • お得な特割コース 特割りコース商品はコチラ
  • 熊手のはちみつのSDGs達成に向けた取り組み
  • はちみつ人気No.1はコチラ
  • 健康ギフトNo.1はコチラ
  • ハンガリー探訪
  • お買い得情報をお届け!熊手のはちみつ便 ご登録はコチラ